知らない人と私

道を歩いていると知らない人に話しかけられます。

他の人が、どんな頻度でこれが起きるのかわからないので何とも言えないのだけど

私としては少し多いのではないかと思う。

 

最近で言えば、お昼休みに職場近くのファッションビルでお洋服を何の気なしに暇つぶしで見ていたら

知らないマダムに

あなたこの服似合うと思うわ!

この服はあなたみたいな鎖骨だと、いいと思うの!と力説されました。

そんなこと言われても、その服が好みでない私は愛想笑いをするしかできなく

他の服に目が映りましたよ…

と言う演技をしてその場を離れるしかなかったのです。

そのマダムは折れることなく次は店員さんめがけて話しまくっておりました。

 

今まで印象に残った。道で出会った話しかけ人が何人かいます。

まだ、私が東京在住だった頃

新宿サブナードにて1人の老人が私に向かって

ワシの名刺をあげるからついてきなさい

といいました。

別に欲しくないから無視しました。そうすると老人は何でついてこないんだ!と聞いてくるので

とりあえず苦笑いでその場を離れるしかできませんでした。

 

他にはある日恵比寿のアトレのフランフランで雑貨を見ていた時のことです。

ものすごく小さな声で話しかけてくる男性に出会いました。

あまりにも小さな声なので私は

はあ?と何度も聞き返しました

ようやく聞き取ったところ、彼は

昔の恋人に瞳が似ている

と言っていることがわかりました。

その後も何か言っているのですが

やはり聞き取りにくく、何度も聞き返すうちに

彼は立ち去りました。

 

他にも大田区長原の外国人

阿佐ヶ谷のアイポッドを盗まれた人 等

よくわからない設定の人達が通りすがりに声をかけてきた思い出なのですが

 

ここまで書いて見て大して面白くねーな

という事実に気がついたので

もうやめます。

習慣化が難しい

またしてもというのを毎回かいている

ほんとダメだ

せめてもの習慣化にしないといけない

なのでくだらないことでも記録にします

 

某法律事務所が営業停止に追い込まれたのが

本日のTwitter界隈のトピックスですね。

 

今は昔、私が新宿でホステスのアルバイトしていた頃のお客さんが

その某法律事務所の広告用の子会社の偉い人で

彼自身はアルコールが飲めないのに

色んな代理店の人に接待されにきてた思い出がある。

たまたまママのヘルプでついた私と彼は漫画の話題で盛り上がり

私は彼に指名されることとなったのだが

ママいわく彼は大変プライドの高い男だと聞いていたけど

漫画好きという共通点があり話がしやすく

私としては気楽なお客さんとしてお付き合いしていた。

 

よくホステスは客に貢がせるなんて聞くけど

私はアルバイトだったのと生来の長女気質で

人に何かをしてもらったり、ねだったりがとても苦手で

誕生日のときに1万円もしないワンピースを一度買ってもらったくらいだった。

あと先に買ってしまったので結局もらわなかったけど暗殺教室の新刊本を買ってくれようとしていた。

 

彼は某法律事務所の重役だったので

きっと私がもう少し上手ければもっと色々なものを手に入れられてたのかもしれないけど

人に何かをもらったら返さなければいけないもののリスクの方が気が重く

ほどほどの距離で接し続けていた。

ちなみに、返さなければなんてことを、全く考えないタイプの人間の方がホステスとして成功すると思う。

 

その後、しばらくして私は指名を外されたのですが

決定的だったのは旅行に誘われたのをあからさまに断ったからです。

その辺がもううまくなかったよね。

 

思い出しついでに彼のことを検索してみたのだけど

求人サイトの求人情報の痕跡が残るだけで

今現在もあの法律事務所の中の偉い人をやっているのかはわからなかった。

 

今は何してるのかな

ホステスとお客さんとしてはうまくいかなかったけど

私にとっては良い人だったので今回のゴタゴタに巻き込まれてないといいな

と思う

 

アドレスはまだ残ってるので連絡はしようと思えばまだできるけど

さすがに、今連絡するのは何か違う気もするので多分しないし

これからもするようなことはないと思う

 

どう考えても私にホステスはむいてない性格なので

ほんとトチ狂ってよくやってたよなー。と思う

結局ストレスでやめたしね。

 

 

五月場所千秋楽の話

やっぱり記憶は日々薄くなるもので

時間が空いたことを書き記すのは少し難しい

やっぱ熱量のあるうちじゃないとダメですね。何事も

 

でも思い出しながら続き

 

 

両国の物置のような狭さの格安ホテルで

太鼓の音を聞きながら目覚める朝

窓の外は国技館ビュー、最高の目覚めです。

朝食をどこかで食べてから

朝イチで北斎美術館へ行き11時半頃に国技館入りしようと

ホテルを飛び出したのでした。

ただ少し美術館に向かうのも早すぎたこともあり

遠回りして、ただ相撲部屋の前を通りほくそ笑むという散歩をすることにしました。

 

毎回、両国入りのたびに行なっていたこともあり

春日野部屋井筒部屋追手風部屋、、

吉良邸跡を経由し時津風部屋と通りすみだ北斎美術館へと

道のりは順調だったのですが、ここで絶望的なアクシデントが…

 

靴擦れです

 

私はとてもバカな女なので

買ったばかりのサンダルできたのです。

札幌で慣らした時にすでにずれることはわかっていたので

絆創膏で対処するということは先にしていたのですが

思いのほか歩きまくったせいか

刺激がさらに悪化し、歩くたびに足がものすごく傷み

美術館の後はタクシーにのって国技館へ行こう

そう決意しました

 

しかし美術館の中は思いのほか人が多く

そして高齢者ばかり

観覧の歩みが皆遅いのです。そして私の足は痛いのです。

結局私はろくに展示をみるのを諦め

入場料を無駄にして美術館を後にしたのでした…。

 

ただ悪いことに美術館をでてもタクシーは居ません…。

仕方がないのでドラックストアかコンビニで

靴ズレ用の強固な絆創膏をさがしつつ国技館へ足を騙しながら向かいます

途中、東京OL時代最初に勤めた会社の取引先の前を通り

私は何故あの頃相撲に夢中にならなかったのか

なっていたなら今頃どこかの関取に見初められていたのかもしれないのに…

と妄想が私の痛みをやわらげるためにパヤパヤと浮かんだのでした。

 

結局、何件かのコンビニと1件のドラッグストアを経由しても

強固な絆創膏はみつからず、ドラッグストアに限っては欲しいそれだけが品切れと

嫌がらせのような待遇を受け、一番国技館に近いファミマで

なんとかちょっといい絆創膏を手に入れたのでございました。

 

結局またながくなったので 明日に続く

久々の日記と両国と

最後に書いたの3月かよ…

という事実にまた打ちのめされています。

最近脳内会議がうるさい割には何も解決しないのは

アウトプットが足りないんじゃないだろうか

そのうち聞こえてはいけない声が聞こえたりするんじゃないかな??と

心配になる今日この頃です

 

先月行った大相撲5月場所の話でも書こう書こうと思っているうちに

もう6月も後半でダメ人間の気配がわんさかです

 

ああでもせっかくだから書こうかな

今書かずしてまた寝かしたらおしまいだわ

 

というわけで5月場所行ってきました

14日目と千秋楽

よくよく考えたら最後に両国に来たのは2015年9月場所で

最愛の鶴竜力三郎が優勝した時が最後なのでした

ですが今回は力三郎様は休場…。悲しみに打ちひしがれつつも

久々の東京場所にそこそこテンションが上がってまいったのです

 

昨今の大相撲ブームもあってチケット取れないかもなーウフフという

そんな状況で、わりとプライベートでも仲良くしてくれている同僚が

相撲観に行きたい!と言ってくれたのもあって

基本ボッチ観戦で椅子席しか申込まない私なのですが

珍しく千秋楽の枡席を申込んだら、

奇跡的にチケット大相撲の抽選でC席ですがとれたのです。

それならば、ば行くしかないでしょうとテンションが上がり、

せっかくならばと色々策を講じて14日目もなんとか手に入れ(これは一人なので椅子)

夢の国大相撲五月場所へ向かったのでございます。

 

はるばる北の大地から1年半ぶりの東京。夏かよ!という暑さ…。

成田経由から昼すぎについてまずホテルに荷物を預け

雅山Twitterで気になっていた。両国メンチでメンチカツを購入して国技館へ。

メンチカツすんごい美味しかった…。

実は国技館にあったたこ焼き屋さんが好きだったのだけど

私が来れなかった少し前からなくなったようで

国技館では他に食べたいものがなくなってしまい

2個買わなかったことを後悔した…

入り待ちコーナーが整備された分ピザのワゴンがなくなってたりと

食べ物関連は大分前にきたときから代わっていました。

でもレンコンのはさみ揚げは美味しかったよ。

 

会場について落着いた頃に前回の九州場所で洒落にならないくらいお世話になった

美女へ九州のお礼をしたく今更感満載なのでうが連絡をとるのですが

美人を前に舞い上がりすぎて若干気持ち悪い感じになってしまい

本当に申し訳ないことに…。

コミュ力がヤバすぎてつらい

 

そんなこんなで14日目は到着日と言うこともありバタバタと過ごすのですが

あっさり優勝がその日に決まっちゃってね

良いんだけどね。白様も好きだしね。とは思うのですが

やっぱ無責任な観客としては千秋楽までもつれもつれた

カタルシスを楽しみたいなあと思いつつも相撲を生でみれるだけで幸せだし。

やっぱし本場所は良いなあ。楽しいなあという気持ちに

 

打ち出し後は飲む予定の友人が仕事で捕まらず

ずっと気になっていた両国のまる玉で鶏白湯あおさラーメンを食べ

寂しくなった私は東京に住んでいた頃の行きつけの阿佐ヶ谷の店へ向かったのでした。

千秋楽への話は次回へ

生き汚くなりたい

カルテット最終回おもしろかった。

結局恋愛も疑惑も何も答えを出さないところが

すごく良かった

結局だからなんなの?という気持ちになるのもわかるけど

世の中答えを出したがりすぎやしませんかね

ふわふわしてていいじゃないか

結局先は何者にもなれなくても

 

と思うんだけど

結局何かになりたいんだよな

それでもいいやと

何かになりたいやを

行ったり来たりしながら生きるんだろうな

 

思い切りエゴれるか

それができないなら清廉でいるか

それもできないまま中途半端でございます

放置しすぎて

ブログを書く事を習慣に戻そうと何度かトライしながら

毎回挫折しているわけです

たぶん面白い事とか書いて一攫千金狙おうとかいう心持ちが

どこかにあるせいでハードルが高いのではないかと思います

 

身の程を知れと言うお話です。

 

最近の私と言えば特に何もなく

いつもの通り何もなく

ただ年を重ねているだけです

 

この三連休も特に何もしてません

というか何もしないことに価値を見出しています

 

とりあえず駄文でも続ける努力をするべきでしょう

とかいいつつまた数ヶ月後かもね

マンガラジャラブ

心が荒んだ時はマンガラジャラブアナンダと唱えることにしています。

鶴竜力三郎の本名です。

そんなこんなでまた思い出したかのようにblogを記します。約半年ぶり。

次は来年でしょうか。見ている人はいるのでしょうか。

リアル知人には知らせず毒沼みたいなことばかりのはけ口はやっぱり必要だなあと思うので

ひっそりと記します。

そして転職したい。2年も経つと先が見える。